うれしの台の自然学校―施設概要―
アーチェリー場
子ども用、大人用のアーチェリーがそれぞれ9ずつあります。センターの自然学校担当職員が指導にあたります。一度に50人程度まで実施可能(1班6人の9班編成)。準備、後片づけをふくめて約3時間。アーチェリー とカヌーの交代プログラムなら100人ぐらいまで一度に実施可能です。
体育館裏のファイヤー場
一度に200人ぐらいまで実施可能です。トーチ棒、薪、灯油はセンターで用意できます。ただし、トーチの布、針金、釘等は持参。天体観察もできます。
思索の森
森の中に入り、自然に親しみます。ブルーシートやダンボールなどを持ち込んで森の隠れ家づくりに挑戦したり、グループみんなで協力して、ネイチャーゲームに挑戦したりすることができます。
かま、のこぎり等の器材の貸し出しは可能です。
第1キャンプ場
ファイヤー場

約200人が1度にキャンプファイヤーができます。
トーチ棒、薪、灯油はセンターで用意できます。ただし、トーチの布、針金、釘等は持参。
テントサイト

テントサイト 17ヶ所
6人用ドーム型テント 30張
1人用テント 80張
ランタンの貸し出しあり。ただし、電池は持参。

野外炊事場

屋根付きかまど12ヶ所、屋外特設かまど18ヶ所、水道の蛇口34カ所設置。
最大200人程度までの野外炊事が可能です。食材は、食堂に注文。食材の持ち込みは不可。メニューについては、食堂と要相談。薪、炭はセンターで用意できます。

山のかさ

木製のテーブルが20と椅子が40脚。ここでは、自分たちで作った料理の食事、ク ラフトなどが、雨天でも実施できます。
体験工作棟
体験工作棟では、いろいろなクラフトができます。そのための器材も貸し出しています。約100名までなら一度に活動できます。
野外炊事もできます。すぐ横にかまどが13こあります。

手前は、キャンプファイヤー場になっています。
少分谷池
少分谷池では、カヌーを体験することができます。センターには、2人乗り用のカヌーが13挺と監視用ゴムボート4挺があります。準備、後片づけを入れて約3時間程かかります。
一度に50人程度まで実施可能です。指導は、センターの自然学校担当職員等が担当します。アーチェリーとカヌーの交代プログラムなら100人ぐらいまで一度に実施可能です。
アスレチック
体験工作棟から、冒険の小川に降りる道に6つのアスレチックがあります。
冒険の小川
冒険の小川は、自由に遊べるスペースです。お弁当を食べたり、遊んだりできます。
ひょうご冒険教育(HAP)も体験できます。
大・小体育室
大体育室
バスケットボールのコート2面がとれる広さがあります。室内スポーツができます。ボールなどは持参ください。ネット、大縄跳び、綱引きのロープは用意できます。また、キャンドルサービスもできます。ローソクや燭台も用意できます。
体育館シューズを持参ください。
小体育室
床はカーペットになっています。ニュースポーツである囲碁ボールなどができます。
青少年広場
入所式、退所式、朝の集いなどによく使われます。放送設備も完備しています。
青少年宿泊棟
青少年広場を囲むようにして、A棟からE棟まで10棟の宿泊棟があります。1棟の定員は48名で、最大480名まで宿泊できます。室内は2階になっており、天井が低いので、頭などを打たないように気を付けてください。トイレは室内に1つ設置しています。障害者用トイレはA棟にあります。
リーダー管理棟

浴室

ミーティングルーム
リーダー管理棟には、浴室が4つ(定員15名、25名、35名が(2)と指導者用ミーティングルーム、宿泊室が4部屋(定員10名)あります。
ここから青少年宿泊棟の電気の集中管理ができます。
青少年食堂
ひとテーブル8人がけで、34テーブルあります。最大272名まで一度に利用可能ですが、250人を利用のめどとしてください。セミセルフサービス形式です。前半の食事はテーブルに、後半の食事はワゴンにセットしてあります。
 
メニューにもどる  自然学校トップにもどる  プログラム紹介